PLAYER ON-LINE HOME > Playerブログ
Player Blog

いまみちともたか、ヒトサライとギターを語る!!

IMASA8528.jpg
「2ndはよりレコーディング作品ならではのアルバムを作ろうよと」
Interview & Photo by KAZUTAKA KITAMURA

 今夏不定期ながらスタートした音楽雑誌Playerの新コーナー「Open The TREASURE BOX」。毎回そのミュージシャンにとって特別なこの1本という楽器をクローズアップするとともに、その楽器に出会うまでのストーリー、こだわりの部分を撮りおろし写真とともにレポートしていきます。8月2日発売Player9月号のFILE#3ではいまみちともたか愛用のフェンダー・ストラトキャスターを紹介。お気に入りのK&Tピックアップがマウントされた2シングルコイル構成のこのストラトは、ヒトサライのメインギターとして大活躍中だ。ヒトサライはいまみちが2014年、椎名純平(vo,key)、平山ヒラポン牧伸(ds)、岡雄三(b)と結成したスーパーバンド。満を持してのパーマネントバンドという風に見ているいまみちファンも多いかもしれない。かつて“No Synthsizer”をクレジットしていたギタリストが、ボーカリスト兼鍵盤奏者とバンドを組んだことは予想外だったが、2015年に1stアルバム『ディレクターズ・カット』をリリース。いまみちの独創的かつユーモラスなソングライティングの魅力は健在、何よりソリッドなギターワークが満載なのも嬉しかった。特にギターフレーズなどは意外なほどにストレートなオマージュ風味でもニンマリさせてくれた気がする。そして今年7月に2ndアルバム『嘘のようなマジな話』もリリース。『ディレクターズ・カット』とは一転、ソウルフルでウェットなテイストもフィーチャーされた、最高の大人のロックアルバムに仕上がった。前作では禁じ手のように抑えた、椎名の甘いファルセットも存分に味わえる。Player Blogではヒトサライの結成エピソードや、傑作2ndアルバム『嘘のようなマジな話』についてのインタビューをお届けしたい。「ミスティック」のウェットな質感なり、「はらゆら」「ウソマジ」などのクロスオーバーなR&Bテイストなど、意外性がありつつもこの面子ならではの素晴らしい音がたっぷりだ!

USOMAJI.jpg
Jacket.jpg
ヒトサライ  
嘘のようなマジな話
Hit Au Salai Records 7月27日
HITS-0002  2,778円(税抜)

「2枚のアルバムを合わせると今のヒトサライのステージ」

 ヒトサライというバンドはどういう経緯で始まったんですか?
 中島卓偉とULTRA SLACKERをやったときにヒラポン(平山牧伸)とタイム感とかが凄く合っていると思ったんだよ。2年くらい前にまたバンドを何とかしたいなって話をしていたとき、ロカビリーパンクジャズのライブに何故かゲストで出たのね。そのときに(椎名)純平がDezille Brothersで出ていて。それがモータウン系のイメージが凄くして好きで観ていたら、山下達郎さんの曲をそのバンドっぽくアレンジしていて、それが物凄く自分のものにして歌っていたから、“何処かで聴いたことがある気がするけど良い曲だなぁ”って全然気づかずに聴いていて(笑)。終わった後、“良かったよ〜!”って声をかけたら“どうも、純平です”って(笑)。以前すれ違ったりしたことはあったんだけど、そのときはよりブラックな印象しかなかったから。それで“俺が作った曲を歌ってみない?”って話したら“いいっすね”って言うから、その晩すぐに純平を想定した曲を作って送ったの。そしたらそれに歌を載せて返してきたんだよ! “ちょっとこのキーだと低いんですけどこんな感じで歌ってみました”って。“なんか、このリアクションは良いなぁ”と思って、“だったら自分の歌いやすいキーにしてどんな声になるか聴かせて”って返したら、今度は純平が自分のキーにしてキーボードを弾いて打ち込んだものを送ってきたの。それが良い感じだったので今度は俺がギターを入れて返したら、“なんか良い感じですね”って。だったら今度スタジオにちゃんと入って録ってみようよって話にして、ヒラポンに“なんかボーカルが見つかったかもしれない!”って(笑)。岡(雄三)も杏子のレコーディングに来てもらったりしてよく会っていたので。 
 岡さんってファンドフレット(扇形のフレットで1〜4弦それぞれの弦の太さに応じたスケールへと調整されたもの)のベースを弾いていてインパクトがありました。
 そうそう、カナダのディングウォール・ベースのモニターを早くからやっていて。凄いピッチが正確で彼曰く弾きやすいんだって。慣れないでフレットを見ていると酔うけれど(笑)。
 基本的にヒトサライ用に書き下ろした楽曲が多いんですか?
 そう。それと俺のソロとかライブでは純平のソロの曲もやっているよね。最初にスタジオ入った時に、今回『嘘のようなマジな話』で録った「グッモニ」と「ウソマジ」のデモを作ったんだよね。それが物凄く良い仕上がりになったから、“よし、バンドにしよう!”って。それが一昨年の10月かな。
 それにしても個人的にはサプライズ性を感じるというか、よく揃ったなっていう4人ですよね。
 たまたま俺以外の三人はバンドが好きなんだけどあまりバンドをやってきてないなっていう感じで。これまでサポートやバックの仕事が多かった中で、ま、ちょっとニコニコ独裁政治が入っているかもしれないけど(笑)、俺が民主的な全員タメ口系のバンドをやろうと言ったとき、みんなやったことがないから面白そうって思ったんじゃないかな。それと俺が高校ぐらいのときからスティーリー・ダンとか好きだったから。これが生ピアノだったら声を掛けなかったかもしれないけど、純平がローズとかウーリッツァが好きだって言ってエレピを弾いていたから。なんか良いかもって思ったんだよね。
 『ディレクターズ・カット』を聴いたときに、純平さんのエレピの刻みといまみちさんのシャープなギターがリズミカルに絡んでいるのが新感覚で。それまでPSY・Sとかで鍵盤楽器の絡みは聴いたことがあったものの、あまり鍵盤楽器とは演らないタイプのギタリストってイメージが強かったから驚きました。
 PSY・Sはオケに乗っかっているギターだからね。なんだかんだ言ってさ、メンバーそれぞれ好きとか得意な分野はバラバラなんだけど、共通するのは歌ものが好きっていうのがあるから。アンサンブルに対する姿勢はみんなわかっているからね。今回『嘘のようなマジな話』では2、3曲書き下ろしているけれど、基本的にみんなライブでやっている曲。『ディレクターズ・カット』で何をレコーディングしようかってなったときに、ちょっとギターで引っ張っていくタイプの曲を優先させた。普通だったらバンド結成のきっかけになった曲を入れるんだろうけど、「グッモニ」や「ウソマジ」をいきなり出すとどんな気まぐれでバンドやっているのかなと誤解されそうな気がしたので。だから純平が“こんな感じで歌うのはやったことがない”ってやつを録音したんだよね(笑)。歌詞の雰囲気も『嘘のようなマジな話』は世界観がパーソナルなんだけど、『ディレクターズ・カット』はわりと俯瞰で見てる。逆に『嘘のようなマジな話』は純平のファンに“ガチにやっているんですね”って思ってもらえるものにしようと。どっちがメインってことはないんだけど、1stは今まで俺を聴いてくれた人が違和感なく入れる曲を中心にして、2ndは純平フィーチャーというか、“いまみちって誰!? でも良いじゃん”って言ってもらえるようにしようかなと。
 説明されるとなるほど!と。1stだと純平さんはノーファルセットで結構張った声で歌っていたし意外だったんです。楽曲的にもいまみちさんの中で溜めていたようなものがどーんと出た印象だったので。この感じで行くのかと思ったら、新作はまったく異なるアプローチでしたからまた驚いて…。
 この2枚のアルバムを合わせると今のヒトサライのステージなの。
 みんなでせーので録るようなセッションレコーディングは4人とも慣れている感じなんですか?
 全員で集まってこれをどうやろうか?っていうリハをやってから、ライブをやって。そのライブをやった感覚でレコーディングするっていうのはリズム隊の2人は新鮮だったかもね。二人はその日に行って“これを演るんですね”ってその場で演奏するっていうのを長年やっている強者だから。
 いまみちさんがずーっと温めてきたバンド像を最も理想的なかたちでやっている印象があります。
 やっているというか、やってもらっている印象はあるよね(笑)。純平は歌い方を変えたりとか、最初は俺に合わすというか、1stはちょっと戸惑いながらやっていたところがあると思う。ライブをやっていく中で純平もコンチクショウとそうじゃないだろうっていうのも言えるようになってきて、2ndは良い感じでちょこまかと言い合いもしたり(笑)。
 1stでいまみちさんが歌詞を持っていったとき、純平さんが抵抗を示したことはなかったんですか? 本来ならメインを張れるソングライターが2人いるわけじゃないですか?
 1stを録るので純平に“曲を持ってきて”って言ったとき、“まずは俺、いまみちさんの手のひらで踊らせて”って言っちゃったもんだから、実際に歌詞を見てエーッっていうのはあったみたいだよ(笑)。最初に聴かせたのが「グッモニ」「ウソマジ」だから彼は油断したわけ(笑)。1stだと特に「新宿フェザータッチ」は、“この歌詞は俺的に結構イケたと思うんだけど…”って見せたときにしばらく黙っちゃって(笑)。
 (笑)。
 そしたら純平は“俺は透明な歌手でありたいんです”って言うわけ。それで“純平の声は神の声だ、俯瞰で良いよ”って言って。「新宿フェザータッチ」だったら“このお父さんになる必要はないから、このお父さんの話を読んでいるナレーターの感じでもいい”ってね。それでも1stの6曲に関しては“もう、こんなフレーズ!”とか笑いながらこなしていたけど、今回の「キミとボンボン」は相当抵抗してた。しかも凄くキーが高くて、ほとんどその高いところで頑張らなければいけなくて。純平がソロのツアーをやっている合間にレコーディングしていたので、テンションが凄く高かったよ。“あと一回歌ったら喉が壊れるので、この一回で駄目だったらこの曲なしにしてください”“わかった!”みたいなやりとりで、“おぉ、歌えちゃったよ!”っていう。多分ね、バンドを組むときはどういう内容の歌を歌うかまでは考えてなかったと思う。サウンド面とかで“もっとギター弾いたら”“もっとキーボード弾いたら”というどうぞどうぞ合戦があった中で、2nd作る直前のライブくらいから“俺最近キーボード飽きてきていて、ヒトサライではキーボードがなくてもいいんじゃないですか?”とか言い出して、キーボードが入ってない曲も意外とあるよね。その分、あいつがキーボードを弾いている曲はそれが効いているアレンジが多いかな。1stだとリズムギターとリズム鍵盤みたいでやっている曲が多いじゃない? 1stの曲はどっちかがいなくても何とかなるかなっていうのもあるけれど、2ndになると随分とお互いの貢献度が増している気がする。ライブだと「ミスティック」はあまり鍵盤弾いてないんだけど、今回のレコーディングバージョンからエレピ取ったらまた全然違う感じになるじゃない? 一方で「スローライド」はライブだと結構鍵盤を弾いているんだけど今回鍵盤は一切なくしたりとかさ。1stはライブそのままの感じをせーので録った感じが多かったけど、2ndのレコーディングの前にみんなで話したのは、どっちみちライブでほとんどの曲をやっているから、レコーディングならではの感じで行っちゃおうかって。歌いながら弾くとストレスが高い鍵盤は1stでは入れてないわけ。でも2ndはライブではやれているから、どういうかたちにアレンジして固定しようかっていうのはまずは考えないでやってみようと。皆忙しくて全員が揃う日程がどんどんなくなっていく中、4日くらいレコーディング期間は全員揃ったのでわりと濃密にベーシックが録れたんだよね。


「シングルコイルの立ち上がりの良い音が好きみたい」

 2ndはいまみちさんのギターの入れ方にしてもより繊細に録っている印象ですよね。1stが繊細ではないという意味ではなくて、あのときのヒリッとしたセッション感とはまた違った感覚と言いますか。
 わりと1stはダビング数に制限をかけたというか、ギターチェンジもあまりしないというね。その名残は「グッモニ」には残っているんだけど、鳴っている音は4つくらいで我慢しようっていうのにわりと縛られていたの。今回はどっちみちライブじゃそうなるんだから、よりレコーディング作品ならではのアルバムを作ろうよと。恥ずかし気もなく“アルバム・オリエンテッド・ロックのA.O.R.”。アダルトじゃないよ(笑)? そういう風にしようぜっていうのがあったから。
 「ミスティック」とかこんなの聴けちゃうんだ!?って驚きました。
 ライブでは純平の聴かせどころの曲なんだけど、レコーディングでああいう形にするとびっくりするよね。自分達でもびっくりしたもの。最初はギター、ベース、ドラムだけで歌も歌ってもらいながら録ったんだけど、“ちょっと長いかな?”みたいな話になったときに、純平が“試しにエレピを載せてみますわ”って。もうバーッと弾いた瞬間に“最高!”って(笑)。初めてキーボードを後から被せた曲だね。あのとき純平の鍵盤はセンス良いなぁって思った。「ミスティック」はもともと俺がインスト曲でスケッチを作っていて、“ギターメロと声でジョージ・ベンソンみたいにやってみない?”って。純平が地声では難しいかもっていうから“裏声でいいんじゃない?”と。もう5分くらいでまとまって“いい曲になりそうだね”ってなったんだけど、たまたま岡がフレットレスベースを持ってきていて。フレットレスで弾いた瞬間になんかエロい感じになって“もう採用!”って(笑)。骨組はできていたんだけど、どの楽器でどうやろうかっていうのはスタジオに入ってから決まった。当初エレピを入れる予定はなかったんだけどそれもぴったりだったんだよね。
 アコギとギズモトロンをフィーチャーした「はらゆら」も新感覚でした!
 今回自分らでも手応え的に結構綿密に作っている感じがしたので、あんまりギチギチだとみんな疲れるから“「冗談みたいにふざけてやったらいい曲だった」みたいに、何も考えないでやってみない?”って、レコーディング直前のスタジオで聴かせて演ってみた。“こんな曲なんだけど…”ってリハスタで音合わせした時のまんまで録ってみたんだよね。 あえてリハではそれほど詰めないで緑るという。工夫すればいくらでも進化する曲を一番シンプルなままで出したいなと思って。
 それにしてもこのアルバムはいまみちさんのギターサウンドが特に生々しい印象でした。
 ハムバッカーは一個も使ってないで全部シングルコイルだね。K&Tの2ピックアップのストラトキャスター、クルーズのTL、それにP-90系とモズライトと。好みの音が出しやすいのがシングルなんじゃない? ハムバッカーだと最初からムッキムキすぎて減量できないみたいなのがあって(笑)。細いやつをビルドアップしていく方が良いっていう感覚だから。シングルコイルの立ち上がりの良い音が好きみたい。
 部分的に指で弾いているのかなっていうタッチもあって…。
 あ、指でも弾いているのもあるよ。
 「グッモニ」のソロとか?
 あれはクルーズのTLでピックと指でフレーズによって両方使い分けたね。今回ほとんどアンプヘッドはコッホで、欲しいレスポンスによってキャビネットを変えて。欲しい音色はエフェクターというより、ギター個体のこの音色だよね、このタッチだよねっていうので選んで。リバーブもコッホのアンプ自体のものであれが凄く良いんだよ!「ミスティック」ではレスリー・シミュレータやディレイもかけ録りしているけどね。
 いまみちさんがTLタイプをプレイするのも意外でした。
 クルーズのTLは載せているK&Tピックアップが良いんだよね。テレキャスってイメージ的にカリカリな音じゃない? だけど(K&Tピックアップを手掛けている)ヴィンテージギターズの高野順さんが言うには、もともとはレスポールに近い音が出るって言われていたって。あのピックアップはテレキャスっていう名前になる前のブロードキャスターに付いていたピックアップを再現しているの。49年製、50年製、51年製を再現したK&Tピックアップを載せたTLタイプを何年か前にクルーズ(・マニアック・サウンド)が出したんだけど、俺が弾いた中ではこの49年製(写真)がもうバッチリ大好きで。シリアルプレートを見てもらうとわかるけれど、その時の1号器だから特に力が入っていると思うんだよね(笑)。音は大好きなんだけど、持った時はどうしても照れるんだよ(笑)。ストラトと違ってボディコンターがないから、弾きやすい位置にするとかなり上になるしね。ただ音は凄く気に入っているからなぁ。
 「なぜだい」の巻弦を駆使したソロは?
 あれは西條ギターの12弦エレアコ。あとアコギではスタジオに置いてあった49年製J-45を使ったんだけどあれは良かったなぁ。自分のリイシューのJ-45も持って行ったんだけど、今回はボロボロの49年製J-45に負けちゃったな(笑)。
 今回モズライトも弾いているんですよね。
 「ミスティック」や「ジャブトーク」、あと「カリスマ」のアルペジオとか結構要所要所で弾いているよ。
 いまみちさんがモズライトっていうのも凄く意外だったんですが。
 レコーディング直前に寺内タケシさんのコンサートに行ったんだけど、一緒に行った奴が“俺、モズライト持っているんだよね”って。今俺のPRSと交換しているんだよね。実は少し前にモズライトを使っている箱バンに飛び入りして演奏したことがあって、そのバンマスのモズライトを借りてツインリバーブ直で弾いたんだけど、「朝日の当たる家」のアルペジオを弾いた瞬間に凄くいい音だと思って。凄くハイパワーなのでサチュレーションがかかって自然にアンプがドライブするの。それで好印象だったんだけど、今回借りて弾いたらやっぱり完璧なの。ギターのロールスロイスって言われているだけあって、“これ俺弾いていいんですか?”みたいな妙な威圧感があって、ワイルドな音がするんだけどワイルドに弾くと弦が外れたりする。凄く気を使って丁寧に弾かないといけないくせに音がワイルドっていう(笑)。ヒトサライのライブでも一回恐々と使ってみたんだけど、やっぱりイケるなぁと思って。ちょっと嫌味な感じがするかなとか思っていたんだけど、バンドメンバーも全曲それで弾きなよって言うくらいでね(笑)。モズライト独特のセンターピックアップの音とか、凄く乾いたリアピックアップの音とかレコーディングでも使って。まだフロントピックアップは使いこなせないんだけど。ミスタッチしたらすぐわかるけど(笑)、いろんなニュアンス通りに応えてくれる。
 ギズモトロンも活躍したんですよね。
 新しいギズモトロンとしては多分初音源化じゃないかって(笑)。結構「なぜだい」で使っているけれど効いているでしょう? 今回サスティナーもエレアコに載せて使っているけれど、サスティナーは持続音じゃない? ギズモトロンは擦っている限り音が出ているという。それがチェロっぽいニュアンスを出せるから。西條ギターのインスパイアに載せているんだけど。レコーディングの直前に手に入れたんだよ。「ウソマジ」「なぜだい」でストリングスっぽいニュアンスを入れたかったんだけど、本物を入れるのは本意じゃないのでサスティナーでなんとかするかなとか思っていたら、ネギ坊(根岸孝旨)がベースギズモトロンをツイートしているのを見て、“ギター用もありますよ”って言われて(笑)。本当に良いタイミングだったね。今度ギズモトロンのデモンストレーション動画も撮るから楽しみにしてて(笑)。


Gizmotron 2.0 feat. いまみちともたか Tomotaka Imamichi


 今の4人が純粋にバンドを楽しんで歌ものを極めた感じが、『嘘のようなマジな話』の演奏から伝わってきますね。音も最高ですし。
 1stと同じスタジオで若いエンジニア君とやったんだけど、すでに1stで一緒にやって目指す音に関してはもうわかっていたからね。結構さ、みんなそれぞれバカッピュアだよ。スタジオを一歩出れば大人なんだろうけど、スタジオでは子供かもね(笑)。
 正直面子が面子だけに一時のプロジェクト的なバンドになっちゃうかなとか最初思っていましたが、ヒトサライってなんか続きそうな気がするんです。
 冗談で言っているんだけど、お愛想も含めてスーパーバンドって言われると、短命になる気がするから言わないでって(笑)。純平が5月にソロを出しているし、みんなそれぞれやっているから、ヒトサライ1本でどうのこうのっていかない状況を抱えているわけじゃない? その中でどれだけセッションで集まっていますっていうんじゃない感じをアピールするなり、自分らで持ち続けるかっていうのは凄く気にするよね。だから覚悟のない曲はレコーディングしない方がいいなっていうのもある。
 ただ矛盾したことを言いますが、『嘘のようなマジな話』があまりに出来すぎちゃった気がして、満足してホッとしないでくださいっていうのはあります(笑)。
 それはあるね(笑)。それくらい良いものができたね。曲を作るのでもこれからが大変だよ(笑)。多分ね、メンバーもこれからそう思うんじゃないかな。

IMASA4059.jpgIMASA4061.jpgIMASA4078.jpgIMASA4077.jpg
CREWS MANIAC SOUND / K&T PICKUPS TL Type
クルーズ・マニアック・サウンドと、長年のヴィンテージギター研究を元に高品質なピックアップをハンドメイドするK&Tピックアップによるコラボレーションモデル。ピックアップは49年製ブロードキャスターにマウントされていたものの再現モデルで、3ウェイのサドル、丸型ストリングスガイドなど、50年代製をモチーフにしたTLスタイルのボディにマウント。大柄のアッシュの木目が透けた薄手のフィニッシュが施されており、ブラックピックガードとのマッチングがまた凛々しい。ヒトサライのメインギターとして近年のいまみちのトレードマークとなっている、K&Tの2ピックアップ仕様のフェンダー・ストラトキャスター同様、いまみち使用器としては比較的珍しいメイプル指板仕様なのもポイント。「それまでメイプル指板のギターはあまり使っていなかったから、正直最初は抵抗あったけどすぐに慣れた。ストラトを弾くようになってからクルーズのTLも平気で弾けるようなったんだよ。だから今はメイプル指板のギターを弾く機会が増えたね」とはいまみち談だ。