PLAYER ON-LINE HOME > Playerブログ
Player Blog

SUGIZOの音宇宙 Player2019年1月号ポストカードプロジェクト(12月4日改定)

sugicard_sam_a.pngsugicard_sam_b.png

SUGIZOの音宇宙 Player2019年1月号が12月1日(土)発売になりました。
すでに発売前から多大なる反響をいただいておりまして
ご購入いただいたみなさんには感謝です。
内容の方は撮影からインタビュー、諸々のテキストまで
僕らの想いをたっぷり込めて作り上げた渾身の内容です。
文字数が多いので大変かと思いますが、
ぜひじっくりと読んでいただけると苦労が報われます。

さて、SUGIZOさん単独表紙のPlayerを祝しまして
ポストカードプロジェクトを行なうのですが、
多大なリアクションを受けまして
SUGIZOさんサイドとも再度ご相談させていただき、
当初の予定よりもポストカードの刷り数を増やしました。
(当初、直販分は先着100名を謳っておりましたが、
 3日(月)の時点で100名を超えていました!)
ささやかな企画と思っていたのですが、
とにかく写真がかっこいいので
一人でも多くの方に届けたいともう少しだけ頑張ってみました。

2パターンの絵柄をただいま印刷中です。

◾️パターンA(縦カット/ Player2019年1月号 P.29のカラーヴァージョン)
下記、Player On-Lineからの直販でお買い上げいただいた方、先着250名に同封します。
(12月1日から注文できます。ただし、お一人につき一枚おつけする形なので複数冊を購入いただいても同封するのは一枚です)。
http://www.player.jp/item_detail/itemId,258/
※あともう少しご注文がお受けできます。

◾️パターンB(横カット/ Player2019年1月号 P.8-9)
ご購入いただいたPlayer2019年1月号の感想などを書いていただくか
#Player1月号 のタグで感想を書いていただいたSNSのアドレスかスクリーンショットを
PlayerのEメールアドレス present@player.co.jp にお送りいただいた方
先着250名にプレゼント(お一人一回のみの応募でお願いします)。

ただし当初よりも大幅に数を増やしたことで
一旦印刷工程をストップさせたために、
ポストカード自体の刷り上がりは12月10日(月)以後となります。
すでに本をご注文いただいている方には
随時発送の手続きを行っているのですが、
ポストカードの封入が間に合いませんので
来週以後、それぞれ僕らの方でそのポストカードに切手を貼って投函していきます。
何卒もう少々お時間をください。

当初と予定が変わってしまい恐縮ですが、
何卒ご理解いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Player編集長 北村和孝







Player2019年1月号はSUGIZO大特集

Player01_H1.jpg

 12月1日(土)発売Player2019年1月号はジャンルと世代を超えた音宇宙を編むSUGIZOの革新性がテーマ。SUGIZO ロングインタビュー、KenKenとの対談含む大特集。

 ロック、ファンク、ヒップホップ、ジャズ、現代音楽、ワールドミュージック…ジャンルレスな音楽性を、独自の透明感にあふれるシャープな音像、高揚感あふれるグルーヴとともに編まれるのが“SUGIZOの音宇宙”である。LUNA SEA、X JAPANにおけるアグレッシヴさと繊細さを両立させたギタープレイ、ヴァイオリンプレイは言わずもがな、ソロライヴではリボンコントローラを用いてモーグシンセサイザーを操ったり、パーカッションソロも見せたりと、より多彩な音楽家としての勇姿も見せる。Playerにおいては2017年の人気投票でベストギタリストに選ばれるなど、近年の多岐にわたる活躍は世代を超えて支持されている。満を持して企画された今回の表紙・巻頭特集“SUGIZOの音宇宙”では、25,000字を超える独占超ロングインタビューを筆頭に、近年の愛器の数々のほかこのたびマーティンから発表されたシグネチャーモデルMARTIN CUSTOM GPC STYLE41 SGZはもちろん、ソロベストアルバム『COSMOSCAPE U』についても何処よりも先駆けて語ってもらった。また、メディアでは初という盟友KenKenとのスペシャル対談のほか、写真は全て大谷十夢治の撮り下ろしでお届けする。

さらにSUGIZOをリスペクトするミュージシャン達…土屋昌巳、菅野よう子、沖仁、KOHKI(BRAHMAN)、川上洋平([ALEXANDROS]、坂本美雨、津野米咲(赤い公園)、山中拓也&中西雅哉(THE ORAL CIGARETTES)、悠介、葉月(lynch.)、MIYA(MUCC)、生形真一(ELLEGARDEN、Nothing’s Carved In Stone)、TK(凛として時雨)、亀田誠治、工藤晴香(Roselia)、成美、鮫島巧、近藤等則(KONDO・IMA 21)からメッセージも寄稿していただいた。ズバリテーマは“ジャンルと世代を超えた音宇宙を編むSUGIZOの革新性”。これを読めば何故SUGIZOが唯一無二の音楽家として存在できているかがわかる! 老若男女問わず音楽、楽器ファンに読んでいただきたい永久保存版だ。

 他にもSTEVE KLEIN GUITARS特集、2018 楽器フェアレポート、THE ALFEE高見沢俊彦 『Last Run!』インタビュー+ゴジラ・ギター&RELISH GUITARレポート、GLIM SPANKY 最新作『LOOKING FOR THE MAGIC』特集、筋肉少女帯 4人での独占ロングインタビュー、RICH ROBINSON(THE MAGPIE SALUTE)、いまみちともたか(BARBEE BOYS)、高野寛が語る忌野清志郎、グッドモーニングアメリカ、TWEEDEES、DEF LEPPARD 名盤『ヒステリア』を全曲再現した武道館公演の機材レポート、1934 MARTIN OOO-28を解析するVINTAGE GUITAR ARCHIVESなどなど、かなり濃厚な1冊に仕上がっております。ぜひ楽器店、書店でチェックしてみてください。