PLAYER ON-LINE HOME > Playerブログ
Player Blog

NY生活30年間の集大成 常盤武彦『ニューヨーク・ジャズ・アップデート』


 約30年間に亘りNYに在住し、進化するジャズシーンを記録し続けたフォトグラファー/ジャーナリスト、常盤武彦

 彼のNY生活の集大成とも言えるジャズ本の第3弾『NEW YORK JAZZ UPDATE』が完成した。日本にはあまり伝わってこないが、NYのジャズシーンは常に進化している。この書籍は、そんなシーンの最前線をミュージャンと共に歩んできた常盤氏ならではのリアルな視線で綴られている。

200カットを越える生々しいライブ写真、シーンを分かりやすく紹介したテキスト、貴重なインタビューなどが満載され、アップデートされるNYジャズの今が描かれている。NYに興味のある人やアメリカ旅行のお供にも最適な一冊だ。ジャズスポットを網羅した折り込みNYマップ付。

NYJazzUpdateTokiwaS.jpg

『ニューヨーク・ジャズ・アップデート〜体感する現在進行形ジャズ』
定価 2,600円(+税)、B5判 128頁、著
常盤武彦、発行 小学館


※初出時、誤植がありましたので訂正しました。




音楽と農業がコラボ? “Roots Music Festival” 開催

Roots Music Festival-1.jpgRoots Music Festival-2.jpg

 打田十紀夫プロデュースでTABからCDをリリースしているケルティック・ギタリスト、天満俊秀が、8月4日(土)と5日(日)に、宮崎県で「ルーツ・ミュージック・フェスティバル」を開催する。天満はかねてからルーツ・ミュージックと農業の関係に興味を持ち、自らそれを体現するべく2014年に宮崎県の高鍋町に移住し、就農、音楽活動と農業を共存させた活動を行っている。そんな彼の活動は、地元のテレビや新聞などでも頻繁に採り上げられ、話題となっている。今回その活動の一環として、ブルース、アイリッシュ、カリプソなどの音楽に見識の深いミュージシャンを招いて、この「ルーツ・ミュージック・フェスティバル」が開催される。

●タイトル “Roots Music Festival”  
●日程 2018年8月4日(土)、8月5日(日)
・8月4日(土)コンサート 16:00〜 会場:木城町総合交流センターリバリスホール 
 宮崎県児湯郡木城町大字椎木2146-1
・8月5日(日)農業&音楽体験イベント 13:00〜 会場:謡楽舎ほか
 宮崎県児湯郡高鍋町大字上江7275番地
●主催・問い合わせ 謡楽舎 代表:天満俊秀 TEL 0983-35-3584