PLAYER ON-LINE HOME > Playerブログ
Player Blog

Player2017年8月号にGLAY初登場!

PLAYER_M08.jpg

 新作『SUMMERDELICS』を引っ提げてGLAYが音楽雑誌にPlayer初登場です! 7月1日(土)発売Player2017年8月号では、TAKUROさん & HISASHIさんによる超ロングインタビュー(約16,000字!)、そして2人のこだわりのギターコレクションの一部をPlayerならではのマニアックな視点でレポートしております。

 2年8ヶ月振りの最新アルバム『SUMMERDELICS』は前作『MUSIC LIFE』に続き亀田誠治さんとタッグを組み編まれているのですが、近年のシングル曲は言わずもがな、そしてメンバー4人各々のソングライティングの持ち味が発揮された、多彩なキラーチューンが並ぶ仕上がりになりました。とにかく楽曲の完成度が高いのです!



 Playerのようなタイプの楽器誌は、楽器を通してそのミュージシャンの音楽へのアプローチ、楽器プレイやソングライティング、アレンジについて取材していくわけですが、今回のTAKUROさん、HISASHIさんのインタビューにおいては、そうした部分を大前提にしつつ“今なぜこの曲をGLAYがやるのか?”という命題に取り組んだことがたっぷりと語られています。そしてプレイアプローチに関してはなかなか言語化しづらい、メンバー同士の関係性についても語られていて、今またバンドが凄く楽しくて仕方ない状況なんだろうなっていうのが伝わってきます。

 ギターレポートもTAKUROさんの貴重なヴィンテージコレクション、さらにHISASHIさんはシグネチャーを主体とした名器の数々を美しい写真でご紹介しております。TAKUROさん、HISASHIさんの写真共々、今回もPlayer関連の写真でおなじみのカメラマン大谷十夢治さんの撮り下ろしです。せっかくカッコイイ写真が撮れたのだから!ということで、今回もポストカードプロジェクトを行ないます。是非 #Player8月号 のアピールにご協力ください。

pl0817_card_web.png

・年間購読されている方でご希望の方には“もれなく”プレゼントします。Playerまでご連絡ください。

Player On-Lineにて購入された方にももれなくプレゼントします(※本の在庫数に限りがあります)。

・ツイッター、Facebook、Instagram、ブログなどSNSをやられている方は、ぜひ#Player8月号 のタグとともにご感想を書いてくれると嬉しいです。そのURLとともに郵便番号、ご住所、お名前を明記の上、present@player.co.jpまでメールをください。

・SNSなどやられていないという方は、記事の感想などご一筆いただきpresent@player.co.jpまでメールをいただくか、〒160-0023 新宿区西新宿7-22-39興亜ビル Playerまで「GLAYポストカード希望」と書いて郵便番号、ご住所、お名前を明記してハガキなどでお送りください。SNSをやっていないお友達にお教えいただけるとありがたいです。

 メール、ハガキが到着次第、ポストカードを発送します。発送時期は7月中に行ないます。なおポストカードの数には限りがありますので、お早めにご応募ください。

 その他、#Player8月号の内容はこちら!
http://www.player.jp/item_detail/itemId,237/


 是非これを機にPlayerという音楽雑誌を手にとっていただけると嬉しいです。来月もちょっとスペシャルな内容の号を予定しております!

Player編集長 北村和孝






角松敏生 Player2017年7月号で初のカバーストーリー

PLAYER_M07.jpg

 6月2日発売されたPlayer2017年7月号は角松敏生が表紙に登場!
 デビュー35周年を迎えた2016年は恒例の横浜アリーナ公演も早々に完売、『SEA BREEZE 2016』も鮮烈だったわけですが、これに続いて2017年、自身にとって初のギターインスト作だった『SEA IS A LADY』のリメイクアルバム『SEA IS A LADY 2017』が登場するとは驚きでした。楽器誌にとってこんな絶好のチャンス、逃したら次はいつかわからないと奮いたち作り上げたPlayer2017年7月号であります。しかも『SEA IS A LADY 2017』レコーディング中にレスポールを2本ゲットしたという情報を角松メルマガで知り、これはもう何がなんでも取材するんだ!とさらにテンションが上がりました。

 今40代くらいの人なら共感してくれると思うのですが、80年代後半はFMラジオのエアチェックやレンタルレコードなども全盛で、みんな好きな曲をカセットテープに吹き込んで車で聴いたりしていたものです。インタビューにもある通り、すでにフュージョン/クロスオーバーのブームは下火になりつつあったのですが、それでもそうしたドライヴィングミュージックにカシオペア、ザ・スクエア、高中正義、そうした音楽とともに角松敏生『SEA IS A LADY』も定番でした。CMでも流れていたし曲が良かったしとても話題作だったのです。あれは10年くらい前になるのかな? 代々木体育館で行なわれたCROSSOVER JAPANで“インストの角松”が観られたことも良い想い出です(余談ですが、9月15日 (金) にCROSSOVER JAPAN 2017が行なわれるようです。角松さんは福岡公演なので残念ながら出演はないでしょうが)。

 脱線しましたが、『THE MOMENT』以後ギターインストへ傾倒していききつつあるムードを感じていたので、インタビューではそこから『SEA IS A LADY 2017』に至るまでのストーリー、そして角松ファンにとっては驚きだった“角松敏生がレスポール!?”っていうギターストーリー、もちろんムーンのシグネチャーモデルやフラクタルのアックスエフェックスUなどもたっぷり2時間語っていただきました。多分立ち読みではくらくらしてしまうくらいの文量だと思います。インタビューだけで16,000字くらいあるはずですから(笑)。そして“TOSHIKI KADOMATSU TOUR 2017 “SUMMER MEDICINE FOR YOU vol.3” 〜SEA IS A LADY〜”で使用されている機材レポート(僕のこだわりとしてティンバレスパーカッションセットも紹介したかった!)、さらに以前からお声掛けはいただいていたものの今回遂に実現した角松スタジオレポ(僕のこだわりとしてVドラムも紹介したかった!)の3本立てによる大特集です。しかも生粋の角松ファンが作った記事であります。


TOSHIKI KADOMATSU /角松敏生 『OSHI-TAO-SHITAI』from ALBUM「SEA IS A LADY 2017」


 取材におけるモチベーションとしてはもう一つ、現角松バンドのドラマーが山本真央樹さんというのもありました。一昨年のサンプラを観に行った時にドラマーが変わっていて、しかも彼の名前を聞いて大変驚いたのであります。しかもその時のMCで山本恭司さんと食事したとおっしゃっていて、“どこで接点が!?”とずーっと不思議に思っていたんですね。インタビューではそこについても語られています。僕が初めて山本真央樹さんのドラミングを観たのは山本恭司さんのソロライブだったのですが、当時彼はまだ高校生だったはず。その後、彼はDEZOLVEというフュージョンバンドを結成するのですが(2枚アルバム出していますがいずれも素晴らしい!)、そのフュージョンバンド仲間であるATHLETIX(MR.FUSION)、LUCAといった20代の若手プレイヤー達と話していると、フツーに「SEA LINE」がどうたらとか『SEA IS A LADY』の話が出てくるのです。歌ものだったりVOCALANDや映画音楽のプロデュースなどとはまた違う、ギターインストとしての角松敏生が独自に広がっていた系譜があるのだなとその時知りまして、それも今回の取材のヒントになっています。

pl_card_websample.png

 写真はすべて大谷十夢治さんの撮り下ろしです! 凄く綺麗な写真が撮れたので販促用ポストカードを作りました。僕にとっては角松さんをフィーチャーしたPlayerは大きな勝負でもありますので、ぜひ角松ファンの皆さんにお力をいただきたいのです。http://www.player.jp/ に要項が書いてありますが、SNSやブログなどで記事の感想を書いて拡散していただけませんでしょうか? そのURLなりスクリーンショット、そして郵便番号、ご住所、お名前を present@player.co.jp にお送りいただければ後日ポストカードをお送りします。
 
 また、インターネット環境がないというお問い合わせもすでにお電話でいただいておりますが、その場合はハガキ(値上がり直後で恐縮ですが…)に軽く記事の感想を書いてPlayer(160-0023 新宿区西新宿7-22-39興亜ビル9F Player 北村宛)までお送りいただければ同様に後日ポストカードをお送りします。是非お友達でインターネットはやっていないという方がいらっしゃったら教えていただけると助かります。

 相当の気合いを込めて作り上げたPlayer7月号、同世代は勿論、メロディアスなギターインストが好きというみなさんに是非読んでいただきたいです。是非ともよろしくお願いします。

2017.6.3追記
 インタビュー中、数行ながらもどうしても収まらない部分があって泣く泣くカットした部分がありました。「LOVIN′YOU」で吉沢梨絵さんがコーラスで参加した経緯なのですが、こちらに掲載させていただきます。

 「LOVIN′YOU」では久々に吉沢梨絵さんの歌声も聴けますね。
角松敏生:35周年ライブで久々に再会して一緒にデュエットして、“これからもいろいろやろうね”って盛り上がっています。レコーディングで元々の「LOVIN′YOU」を聴き返したら、オクターブ上に誰かいるんですよ。“この時女性コーラスなんていなかったのにな…”って思ったら、ジャドーズの藤沢秀樹くんのファルセットだったんですよ(笑)。今回は女性でいきたかったので梨絵ちゃんに声かけたら“喜んで!”と言ってくれて。35周年の流れから繋がっている象徴的な感じだと思って楽しくやりました。

Player 編集長 北村和孝